初柚子と残りもの料理

DSCF6186

庭に、柚子がなっていました
薄味の出しで炊いた里芋の煮物が、これだけでぐっと豊かな味になりました
朝ごはんは、これと昨夜残しておいた赤貝の煮付けで混ぜご飯など
お昼には、豚肉と小松菜の炒め物の味付けに赤貝の煮汁を使いました
煮汁とか、お汁の残りはもったいないのでとっておいて、あとで使い回します
「残りもの」なんて言うのももったいない
残りものには、そのとき使った素材のうまみがたっぷりととけ込んでいるのですから
それを使い回した料理は、二度と出会うことの出来ない「一期一会」の味なのですから
「あれが美味しかったからまた食べたい」
と思っても、使い回しの最初からたどることなど無理というもの
なんとも贅沢な味だと思いいただきます

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中